イオネスプラスとイオネスアルファの違い

布団やマットレスに敷くだけで手軽に使える家庭用電位治療器のイオネス。

頭痛や肩こり、不眠症、便秘などを緩和します。

イオネスは本体と敷きパッドを別々に設置する必要がないので、
今使っている寝具の上に敷くだけで簡単に使えるのが人気です。

そんな人気の家庭用電位治療器イオネスには、イオネスプラスとイオネスアルファという2つのモデルがあります。

そこで、「どっちを買えばいいの?」とお悩みの方に向けて、
イオネスプラスとイオネスアルファの違いを分かりやすく紹介します。

イオネスプラスとイオネスアルファはどう違うの?

イオネスプラスとイオネスアルファの違い

イオネスプラスとイオネスアルファは見た目や機能がどちらもよく似ていますが、
分かりやすくいうと「旧モデル」と「新モデル」のモデル名の違いです。

  • イオネスプラス…新モデル
  • イオネスアルファ…旧モデル

ただ、イオネスプラスとイオネスアルファの違いはモデルの新旧だけとは言っても、
機能性やランニングコストが大きく違うので注意して下さい。

私は新型のイオネスプラスを使っています。

具体的にイオネスプラスとイオネスアルファの違いを比較したので参考にしてみて下さい。

イオネスプラスとイオネスアルファの具体的な3つの違い

イオネスプラスとイオネスアルファの違うところは次の3つです。

  • マットレスの生地の素材
  • 電気代
  • 電位出力の切り替え機能の有無

イオネスのような寝具系アイテムは毎日使うものなので、
僅かな3つの違いであっても使い心地を大きく左右します。

1つずつ具体的に紹介していきます。

マットレスの生地の素材

イオネスプラスとイオネスアルファの生地のウレタン素材の違い

どちらも寝心地を重視した多層構造のマットレスになっていますが、
層の中に使われているウレタン素材が違います。

イオネスアルファは、竹炭が入った竹炭ウレタンが使われています。

遠赤外線効果のある竹炭ウレタンというのがポイント!

一方で、新型のイオネスプラスは熱に強い難燃性ウレタンが使われています。

熱に強いため型崩れがしにくく、適度な反発力があるのがポイントです。

どちらもヒーター機能が付いているので、熱に強いウレタンを使っているイオネスプラスがおすすめです。

電気代

イオネスプラスとイオネスアルファの電気代の違い

イオネスプラスとイオネスアルファはどちらも省エネ設計になっていますが、
ランニングコストが微妙に違います。

イオネスアルファは1時間あたりの電気代が1,4円なのに比べて、
イオネスプラスは1時間1円にまで改良されています。

一時的な出費ではなく長く使うものなので、少しでも安い方が嬉しいですよね。

1時間1円であれば毎日8時間使っても1ヶ月あたり240円なので、気軽に使えます。

電位出力の切り替え機能

イオネスプラスとイオネスアルファの電位切り替え設定の有無の違い

イオネスは電気カーペットのように、マットレスの端にある操作パネルで操作ができます。

どちらも「電位治療のみ」と「電位治療+ヒーター」の切り替えができるので、
季節や体調によって簡単に切り替えることができます。

ただ、電位出力の強弱設定ができるのはイオネスプラスだけ!

イオネスプラスは側面のスイッチで「-360V」のほか、「-500V」のハイパワーにも切り替えが可能です。

電位治療器とはストレス・疲れ・不調などによって酸性になっている体に、
マイナス電位をかけることで頭痛や肩こり、便秘などを体内からケアする製品です。

強いマイナス電位をかけられるということは、それだけ効果が見込めるということでもあります。

スタートは-360Vで使い始めて、体が慣れてきてから-500Vに切り替えてあげると、体に優しく使えますよ。

まとめ

イオネスプラスとイオネスアルファの違いは次の3つです。

  • 生地素材の違い
  • 電気代の違い
  • 電位出力の切り替え機能の違い

生地のウレタン素材が熱に強いウレタンになっていたり、
電位出力の切り替えができる機能面でもイオネスプラスが優れています。

電気代が安いので、買ってからも安く使えるところも嬉しいですね。

どちらかを買おうか迷っている人は、イオネスプラスをおすすめします!

イオネスプラスで体の不調をケアしながら快適な睡眠を手に入れてみて下さい。

シリーズ累計30万台突破!イオネスプラスの詳細はこちら!